【DQ11】 公式サイトが3月27日に更新! 新情報をまとめました

2017年3月27日に、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトが更新されました。

バトルシステムや新キャラクター情報が公開されています。
3月27日に発売した週刊少年ジャンプに掲載された情報が中心ですが、ジャンプには載ってないスクリーンショットもあります。

スポンサーリンク

PS4/3DS両方に表示に対応

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO (P)SUGIYAMA KOBO
【リンク】
ドラゴンクエスト11 公式サイト

公式サイトはPS4/3DS両方の表示に対応しています。
ワンクリックで、画面の表示を切り替えることができます。
どちらかでしか見れないスクリーンショットや情報もあるので、購入予定の機種以外のほうも見ておきましょう。

バトルシステム

▼フリー移動バトル (PS4)
キャラと視点を自由に移動できます。
敵の背後に回りこむこともできます。
ドラクエ10プレイヤーの方は、こちらのほうがしっくりときそうですね。

▼オートカメラバトル (PS4)
臨場感あふれる戦いを描くバトルです。
戦闘の攻防が大迫力で描かれます。

▼3Dモード (3DS)
3Dで表現されたモードです。
ドラクエ9や、リメイク版のドラクエ7のような感じです。

▼2Dモード
古きよき2Dモードです。
敵キャラクターがドット絵で表示されます。
見た目はドラクエ5や6に近いです。

モンスター

▼マンドラ
ある日、地面から生えてきた植物のような姿の魔物。そのおたけびを聞いた者は、すくんで動けなくなるという。

▼オコボルト
小鬼のような姿をした魔物。いつもムカムカ怒っておりケンカっぱやい。

モンスターとの戦い

戦闘は、全てコマンドバトルです。
フリー移動バトルでもコマンドバトルになります。

敵に先制攻撃すると、優位に戦闘に突入できるそうです。
画像の敵はオコボルトです。

夜のフィールドでは、モンスターが眠っていることも!?
ちなみに、このドラゴンは「キースドラゴン」という名前です。
このまま戦闘に入れば、敵が眠った状態で戦闘が始まると思います。(おそらく)

こちらはべギラマ!
べギラマはドラクエシリーズで登場したり、登場しなかったりする呪文ですが、見事ドラクエ11では登場するようですね!

こちらははやぶさ斬り!
敵に2回連続で攻撃する技です。
1発の威力は低いものの、2回攻撃なのが気持ちいいです。

敵は主人公に気づくと襲ってきます。
いわゆる、シンボルエンカウントシステムです。
他の3Dのドラクエシリーズでは、敵とのレベル差があると逃げ出しました。
ドラクエ11でも同じかもしれませんね。

これはおばけキノコだと思います。
左上にはももんじゃもいますね。

2D版では、歩いてると戦闘が発生します。
ファミコンやスーファミ世代にはこっちのほうが親しみやすいかもしれませんね。

敵グループを一定確立で死亡させるザラキです。
もちろんボスクラスには効きません。
ドラクエシリーズでは、なかなか使い道に困る呪文です。

タイガークローは爪を使った技です。
ドラクエ10にも登場しました。
この画像では、商人風の男ロウがタイガークローを放っています。

キャラクター

キャラクターに関しては、週刊少年ジャンプに掲載されたものと同じです。
ジャンプ情報の振り返りになりますが、改めて紹介します。

【ロウ】
▼謎の老人
おぬしらが来るのを待っておったぞ。




▼気高き女武闘家
キミと一緒にみんなを守る…それが私の戦い!







といった感じでした。
より詳しくは、ドラゴンクエスト11 公式サイトをご覧になってみてください。

Nintendo Switchを購入する

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

スポンサーリンク