『ドラゴンクエストXI』のニンテンドースイッチ版に期待したいこと

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、PS4とニンテンドー3DS、そしてニンテンドースイッチで発売予定です。

今回は、『ドラゴンクエストXI』のニンテンドースイッチ版に期待したいことを紹介したいと思います。
その前にまず、PS4版とニンテンドー3DS版の簡単な違いについて。

【PS4版の特徴】
・Unreal Engine 4で制作。
・グラフィックは『DQ8、DQ10』のような3DCGによるトゥーンレンダリング。
・『すれ違い通信』がない代わりに、PS4版には別の魅力を用意。
・開発協力は株式会社オルカ。

【ニンテンドー3DS版の特徴】
・グラフィックは『DQ9』のようなデフォルメ3Dと、『DQ1~6』のような2Dを採用。
・序盤は上が3D、下が2Dで連動し、その後は3Dか2Dのどちらかを選択して進行する。
・3D立体視には非対応。
・3DS版ならではの遊びとして、『すれ違い通信』がある。
・開発協力は株式会社トイロジック。

その他、ゲーム内容やストーリーなどに大きな違いはないようです。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ版に期待したいこと

次に、ニンテンドースイッチ版に期待したいことです。
その前に、現時点で判明しているニンテンドースイッチの要素について紹介したいのですが、実は……何も情報がないのです。

現時点で判明していることは、「ニンテンドースイッチ版」が開発されていることだけです。
ということで、妄想記事になってしまいますが、スイッチ版に期待したいことや、どんな風になるのか勝手に予想します。

勝手に妄想!予想! DQ11

■グラフィックは?
ニンテンドー3DSはデフォルメ3D&2Dでの発売なので、可能性が高いのはPS4版と同じ3Dグラフィックでしょう。
ニンテンドースイッチ版だけのオリジナルグラフィックが用意されているとは考えにくいので、PS4版と同じというのが可能性が一番高いです。

ただ、グラフィックやフレームレートが全く同じになるとは限りません。
PS4とスイッチではゲーム機の性能がPS4のほうが高いので、PS4版のほうがより綺麗なグラフィックになる可能性があります。

■スイッチ版の利点
ニンテンドースイッチでは、「テレビモード」「携帯モード」「テーブルモード」3つのモードが用意されています。
『ドラゴンクエストヒーローズI・II』は、この3つのモードに対応しています。
「ストーリーは自宅のテレビ画面で!」、「レベル上げなどは携帯モードで外で!」などの遊び方もできるようになりました。

ということで、『DQ11』がこの3つのモードに対応している可能性は高いと思います。
これがスイッチ版の一番の利点だと思います。
気軽に外に持ち出してレベル上げなどを出来るのは、スイッチ版ならではの魅力と言えるでしょう。

■スイッチ版のオリジナル要素として期待したいこと
これは完全に妄想記事になってしまいますが。

3DS版のオリジナル要素である、デフォルメ3Dか2D(特に2D)を大きなテレビでじっくり遊びたい。というのが管理人の希望です。

スイッチに3つのグラフィックが搭載されることはないと思いますが、例えばPS4のグラフィック+2Dでプレイできるようになる。というのでもいいので、実現してくれたら凄く嬉しいです。
これなら3DSだけの要素として『デフォルメ3D』でプレイできますし、ハードごとの差別化もできると思います。

問題があるとすれば、グラフィックが1つだけのPS4版でしょう。
PS4版はグラフィックが1つの代わりに、一番高画質なグラフィックが搭載という風にすれば、スイッチ版と差別化できると思います。

さすがにこれは99%ないとは思いますが、もし実現してもらえたら嬉しいです。
懐かしの2D版を自宅のテレビでじっくりと遊んでみたいです。

発売日は?

最後に発売日について。
『DQ11』は、ドラクエ30周年内に出すことを目標に作られています。
※2016年5月27日~2017年5月27日辺りがドラクエ30周年です。

かつて鳥山さんは、そうなんです。1機種でも早く出すと、ネタバレが発生しますからね(笑い)と発言しました。
このことから、ネタバレ回避のため3機種同時発売になる可能性は高いと思います。

AmazonでドラゴンクエストヒーローズI・IIを予約する

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

スポンサーリンク